【キャンプ料理】燻製の簡単な作り方

キャンプ

やまみちです!
燻製料理ってとてもおいしいです。燻製タマゴ、チーズ、サーモンなどなど。でも、作るのが難しそう・・・と思っていませんか?

実は簡単に作れる方法があります。
しかも調理器具もお安いもので。食材以外はほぼ100円ショップで揃えることができます。

私の経験からキャンプで燻製料理を簡単に作る方法をご紹介します。

こんな人におすすめです。

  • 定番以外のキャンプ料理に挑戦してみたい
  • 燻製料理は難しいと思っている
  • 燻製料理の道具を揃えるにはお金がかかると思っている
スポンサーリンク

キャンプ料理「燻製の魅力」

とにかく香りがよくて美味しい

キャンプの定番料理ももちろん美味しいですが、たまにはちょっと変わった料理をしてみたくなります。

燻製料理は香りがよく、しかも美味しい。
作っていても楽しいですし、ワクワクします。
「美味しい!」とみんなからの評判も上々です。

キャンプらしい料理のひとつですし、お酒のおつまみにもなります。

でも、燻製というと作るのが大変そう。
道具も高いのでは?と思ってしまいますが、そんなことはありません。

簡単に、しかも安い道具のみで作ることができます。

簡単な作り方がある

「燻製料理」というと作るのが大変そうで難しいのでは?と思うかたもいるかもしれません。私もやってみる前はそう思っていました。

ところが、実際にやってみるとそんなに難しいものではありませんでした。

ここでは簡単な作り方をご紹介します。
簡単と言いながら失敗もしているのでその失敗談も含めてお伝えします。

100円ショップの道具だけでも作れる

燻製料理の作り方や道具はいろいろあります。
道具もわりとお手頃なものから高価なものまで。

燻製専用の道具やじっくり時間をかけた凝った作り方もあります。
手間ひまをかけた分、いっそう美味しい燻製ができると思います。

そういったものを否定するということではなく、
ここでは「簡単」「お安く」できる燻製料理をご紹介します。

燻製するための道具を100円ショップでほぼ揃えることができます。

燻製料理の道具準備

必要な道具

必要な道具はこんな感じです(価格は税別)。

  • メスティン(1.5合炊き。800円)
  • メスティン専用の網(100円)
  • 五徳(100円)
  • 固形燃料(100円)
  • 燻製用チップ(100円)
  • アルミホイル(100円)
  • あとはお好みの食材

メスティンが一番、値がはりますね。
1.5合炊きでは2人前くらい作れます。量的にはタマゴ2個にチーズ2ピース程度が入ります。もっと食べたい!という場合は簡単なので何回かにわけてお作りください。

燻製用チップは店舗によって、あったり無かったりでした。
私は入手できなかったのでホームセンターで購入しました。
こちらは参考までにどうぞ。

食材はお好みのものをどうぞ。
「これも美味しいのでは?」など想像して、いろいろとチャレンジしてみるのも楽しいです。
私は「タマゴ、チーズ、サーモン」が好きな食材です。
タマゴの場合はあらかじめゆで卵にしておいて殻をむいておくと簡単です。

100円ショップで買うことができる

すでにお伝えのとおり、
食材以外は100円ショップでほぼ揃えることができます。

ただし店舗によって扱いがあったり無かったりするので、大きな店舗やキャンプコーナーがあるような店舗でお探しください。

何年か前のことを考えたら100円ショップでキャンプグッズが揃えられるなんて、想像すらしていませんでした。

最近では100円ショップを見てまわるのも楽しみのひとつになっています。
おもしろいキャンプグッズに出会えた時はつい嬉しくてニコニコしてしまいます。

燻製料理の作り方

事前の準備

メスティンの内側を覆うようにアルミホイルを敷きます。
メスティンの掃除が楽になります。
(写真ではアルミホイルを敷いていません)

メスティンの中に燻製用チップを入れます。
メスティンの底が見えなくなる程度に広げて、そしてメスティン用の網を超えない程度の量が目安です。

メスティンの中にメスティン用の網をセットして、その上に食材を置きます。

そして、メスティンにフタをします。
フタはしっかり閉めておきましょう。

五徳を組み立てて、真ん中に固形燃料を置いて準備完了です。
五徳や固形燃料をテーブルに直に置くと焦げたりすることがあるので、燃えにくいものを敷くなどして気をつけてくださいね。

調理開始

五徳の真ん中に置いた固形燃料に火をつけます。

食材を入れてセットしたメスティンを五徳の置きます。

15分ほど火にかけたら、火からおろします。

けっしてフタを開けてはいけません。
そのまま20分ほど放置しましょう。
メスティンの中で食材がどんどん美味しくなっていきます。

注意点としては
火にかけている最中に、もし焦げ臭いにおいがしたら少し火から離しましょう。

私ははじめての時にかなり焦がしてしまい、ややすっぱい味の燻製になってしまいました。
外の気温や固形燃料の大きさ、火との距離によってもチップの煙の出かたは異なるようです。

時々、鼻を近づけてクンクンして燻製の「香り」か?焦げた「におい」か?を嗅ぎわけてみましょう。けっこう楽しいですよ。

おいしく食べる!

出来あがったら、おいしく楽しくいただきましょう。
食べかけの写真ですみません。つい嬉しくて先に食べてしまいました・・・

最近はコンビニなどにも燻製ものがあったりしますが、できたての燻製料理は香りが違います。子どもたちも大喜びでした。

そのまま食べてもよいですし、食材によっては軽く塩を振ってもおいしいです。好みにもよりますがサーモンなんかはマヨネーズを少しつけてもおいしいです。

燻製料理はキャンプ料理っぽさもあるし、おいしいので大好きです。
実はこの作り方だとほとんど煙が外に漏れないので家の中でも作ることもできます。

他にもキャンプ料理ならこんな記事もありますのでご参考まで。

【参考記事】

まとめ

燻製料理はとても香りがよく、おいしいです。

しかも、それを簡単にお安く作れる方法をご紹介させていただきました。

道具は100円ショップでほとんど揃えることができて、
調理方法も火にかけて、火からおろして、放置するだけと簡単です。
ただし焦がさないように火加減には注意しましょう。

「次回のキャンプでやってみようかな?」という方がいましたら、ぜひおすすめしたいです。

私の経験がみなさんのお役に少しでも立てたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました