世知辛い世の中だからこそ、笑って生きる(まとめ記事)

キャンプで笑う

やまみちです。
この世の中、世知辛いと感じることが多いです。

プレッシャーに押しつぶされそうになったり、理不尽なことがあったり、時には逃げ出したいと思うことさえあります。

それでも、私はなんとか笑って生きています。

「笑って生きる」

これが、60年近く生きてきた私がたどり着いたひとつの答えです。

この私なりの考え方がすべての人に当てはまるとは思いませんが、私の経験が少しでもみなさんのお役に立てたらという思いで記事を書いています。

私の記事を読んでいただけた方に

「少し肩の力が抜けたよ」

「ちょっと気持ちが軽くなったかも」

「どうせなら楽しんでみるか、笑って生きてみるか」

と思っていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

「笑って生きる」私の経験をもとにした4つのブログカテゴリー

「笑って生きる」ために

私が経験してきたこと、今もやっていることを4つのカテゴリーにわけて記事を書いています。

そのカテゴリーは、

  • 仕事 難しいをシンプルに
  • キャンプで笑う
  • 歴史で笑う
  • 映画で笑う

という4つのカテゴリーです。

仕事はキツイことも多いですが、難しいことをできるだけシンプルに考えて肩の力を抜きましょう。

それでもストレスはたまるものです。

そのストレスはため込まずに趣味をつくって、リフレッシュすることをおすすめします。

私の場合は「キャンプ」「歴史」「映画」から笑顔をもらっています。

それがこのブログの4つのカテゴリーです。

仕事について

仕事って、なかなか手ごわいです。

ストレスもたまります。

私もさまざまな壁にぶつかってきました。

それをどう乗りこえてきたのか?私なりの経験をもとに記事にしています。

それでもたまってしまう仕事のストレスは発散しましょう。

仕事のストレスは趣味で発散(キャンプ/歴史/映画)

私のストレス発散方法は趣味である「キャンプ」「歴史」「映画」です。

こちらも私の経験をもとにその魅力や楽しみ方などを記事にしています。

各カテゴリーについて、
私の思いを整理して、こちらにまとめてみました。

よろしければご覧ください。

世知辛い世の中だからこそ、笑って生きる。

そのための一助になれたら嬉しいです。

仕事 難しいをシンプルに

私の思い

私の場合、「仕事って難しいことが多いなぁ」と感じることがよくあります。

今でもそうですが、特に20代、30代の頃はいま以上にそう感じていました。

仕事で追い込まれたこと、逃げたいと思ったこともありました。一度や二度ではなく、何回もありました。

「なんのために仕事をしているのだろうか?」「なんのために生きているのだろうか?」とさえ思ったりもしました。

そんな時、仕事に対する気持ちが軽くなり、肩の力を抜けるようになったきっかけがありました。

それが、「難しいことをシンプルに」考えようとしたことでした。

仕事ではいろんなことがあるし、いろんなことを言う人もいます。

でも、「自分はこう思う」「自分はシンプルにこう解釈しよう」と考えるようにしました。

そうすると不思議と仕事に対する肩の力が抜けて、気持ちが軽くなってきました。

そんな私の経験をもとに記事を書いています。ぜひご覧ください。

記事の紹介

「大勢を目の前にしたプレゼンや報告会で緊張してしまう」という方に
プレゼンや報告会で緊張してしまう悩みを軽減

「仕事先での雑談ネタにいつも困ってしまう」という方に
【仕事で使える雑談】ネタ集めはこれがおすすめ!

「仕事が単純作業ばかりでつまらない、辛い」という方に
【仕事の単純作業が辛い】という事から抜け出すヒント!

「社会人経験が浅く仕事でどう振るまっていいのかがわからない」という方に
【新社会人・若手の方へ】やるべきこと5選!

「新規開拓がなかなかうまくいかない。苦手」という方に
【新規開拓】はじめての営業アポイント時の準備

「仕事の徹夜が辛い。徹夜って本当に必要なの?」と思っている方に
【仕事で徹夜】辛い、本当に必要?と思っている方に

「仕事仲間って本当に必要?仕事は自分の力のみで乗り切ろうとやや無理している」という方に
【仕事仲間という強い味方】仕事のピンチを切り抜ける

「商品を売るための基本を知りたい。でもマーケティングの専門書はどうも難しくて苦手」という方に
【仕事に役立つ】売れる仕組みの基本を知ろう

商品を売るための基本を知りたい。でもマーケティングの専門書はどうも難しくて苦手」という方に
【マーケティングの4P】商品とプロモーションの関係

「3C分析と言われてもちょっとピンとこない」という方に
【3C分析をわかりやすく】簡単解釈と活用方法

「仕事で失敗するのが怖い」と思っている方に
【仕事の失敗が怖い】から抜け出す方法

「マーケティングは未経験なので難しい」と思っている方に
【マーケティングは未経験なので難しいという方に】私のシンプル解釈

「「ドリルを売るなら穴を売れ」とよく耳にするが、腑に落ちていない」という方に
【ドリルを売るなら穴を売れ】こう解釈したら役に立った

「仕事で普段からストレスがたまりがち」という方に
【仕事】ストレス解消法 おすすめ3選!

「仕事をずる休みしてもよいものか、迷っている」という方に
【仕事】「ずる休み」のすすめ

キャンプで笑う

私の思い

私にとってキャンプは最高のリフレッシュであり、栄養補給です。

趣味は人によってさまざまあってよいと思いますが、もし少しでも興味があればぜひおすすめしたい趣味のひとつです。

私は仕事のストレスできつい思いをしている時に何度もキャンプに助けられてきたし、今も助けられています。

すばらしい趣味に出会えたと思っています。

記事を読んでいただけた方に少しでもキャンプの魅力を伝えることができて、「ステキな趣味に出会うことができた」と思っていただけたら嬉しいです。

記事の紹介

「キャンプデビューしてみようかな?と迷っている」という方に
【キャンプ】人気の理由

「はじめてのキャンプで何を買ったらいいかわからない」という方に
はじめてのキャンプで必要な道具は?

「キャンプをもっと楽しみたい。日々の仕事で疲れてしまっている」という方に
キャンプのこだわり おすすめ3選!

「キャンプらしい料理を食べてみたい。キャンプでの料理はハズしたくない」という方に
簡単でおいしいキャンプ料理 定番5選!

「焚き火をやるかどうかを迷っている」という方に
【焚き火の魅力】愛用の焚き火台と過ごすキャンプ

「ちょっとおもしろいキャンプデザートを作ってみたい」という方に
【キャンプ飯】子どもが喜ぶ、楽しめるデザート!

「これからキャンプデビューなので何を揃えればよいのかがわからない。チェックリストが欲しい」という方に(秋冬のキャンプ)
【キャンプの持ち物】チェックリスト 秋冬編

「これからキャンプデビューなので何を揃えればよいのかがわからない。チェックリストが欲しい」という方に(春夏のキャンプ)
【キャンプの持ち物】チェックリスト 春夏編

「キャンプで燻製は難しい。でも作ってみたい!」と思っている方に
【キャンプ料理】燻製の簡単な作り方

「いつもなかなか炭に火がつかずに苦労している」という方に
【キャンプ初心者向け】簡単! 炭の火起こし方法

「どうせなら、キャンプで火起こしから楽しんでみたい」という方に
【キャンプで焚き火】楽しい火起こし方法

「都内で近場のバーベキュー場を探している」という方に
【都内のバーベキュー場】に行ってみました!

「キャンプでのちょっとした便利グッズや工夫を知りたい」という方に
キャンプで知っておくと便利なこと5選!

「チェアリングってなに?その魅力は?必要な持ち物は?」を知りたい方に
【チェアリングとは?】持ち物とその魅力

「これからキャンプチェアを選ぼう。おすすめのキャンプチェアが知りたい」という方に
【キャンプのチェア】おすすめ

歴史で笑う

私の思い

記事にも書いていますが、私は高校生の時、歴史という教科が苦手で嫌いでした。

今ではそんな私がすっかり歴史の魅力にハマり、楽しんでいます。

旅行でいろんな地域を訪れた時の楽しみも2倍になったような気がしています。

歴史は楽しいだけでなく、そこからの学びがあるのも魅力です。

仕事でなんらかの判断を迫られた時に歴史での学びが助けてくれることもありますよ。

あなたが歴史の魅力にハマった時、歴史はあなたに勇気や笑顔という力を与えてくれるかもしれません。

記事の紹介

「歴史に少し興味がある。他の人の歴史の楽しみ方を知ってみたい」という方に
【歴史はおもしろい】私が歴史好きになった理由

「京都に行って坂本龍馬の足跡をたどろう。足跡をたどるだけではなく、いろんな楽しみ方をしてみたい」と思っている方に
京都で坂本龍馬を楽しむ】おすすめスポット5選

「徳川家康について、どんな人だったのかを簡単に知りたい」という方に
【徳川家康について】その魅力と学び

「西郷隆盛ってどんな人?簡単に知りたい」という方に
【西郷隆盛について】どんな人?その魅力と学び

「木戸孝允(桂小五郎)ってどんな人だったのだろう?どんな魅力を持った人だったのだろう?簡単に知りたい」という方に
【木戸孝允(桂小五郎)について】どんな人?その魅力と学び

映画で笑う

私の思い

私は学生の頃、映画が好きで自主映画を撮ったりしていました。

その自主映画を学園祭で上映できたことは今ではとても良い思い出になっています。

学生時代の話しですが、映画館に通って月に30本ほどの映画を観たこともありました。

私にとって映画はリフレッシュであり、映画での疑似体験をつうじて勇気や優しさを教えてもらったりしています。

今では映画は自宅でも気軽に楽しめるようになりました。すばらしい映画との出会いは時に大きなパワーを与えてくれます。

あなたがいま以上に笑顔になれるような映画に出会えるといいですね。

記事の紹介

「手軽にできるリフレッシュ方法を探している。映画の魅力って、なんだろう?」と思っている方に
【映画の魅力】大いなるリフレッシュと疑似体験

「「どう生きるか」の答えは出ないまでも考えるキッカケが欲しい」という方に
【どう生きるか】映画「生きる」より 黒澤明監督作品

「黒澤明監督のおすすめ映画を知りたい。「これだけは見逃せない」という作品を知りたい」という方に
【黒澤明監督】おすすめ映画「七人の侍」

タイトルとURLをコピーしました